記憶の本棚

・読書感想を中心に映像作品へのコメントなども。

十四の嘘と真実/ジェフリー・アーチャー

名手ジェフリー・アーチャーを知ったのは、亡友の紹介だったと思います。

「チェルシー・テラスへの道」や「ケインとアベル」「百万ドルを取り返せ!」と、未読の人に勧めたい作品が目白押しの作家です。その作家の短編集。

「似て非なるもの」の結末に力強く頷き、「挟み撃ち」で微苦笑。そしてラストの「隣の芝生は‥‥‥」で人生の哀愁を感じる、とまあ贅沢な小品が詰まっています。

作家の名前で本選んで、「やっぱり外さないなぁ」という感想であります。

こういう風に、人間を甘く見ていない作家だから、

「チェルシー・テラス」みたいなじんわり温かい話も書けるんですねぇ。

蕎麦屋のしきたり/藤村和夫

有楽町更科四代目の蕎麦に関するあれこれ。

三大看板の「藪」「更科」「砂場」が、客層・営業対象から蕎麦の形態が異なる、というのはなるほど。単なる技の違いではない訳だ。

面白かったのは蕎麦は「汁」が大事、という話で、それに関するアレコレが楽しい。素人でも勉強すれば蕎麦は上手く打てるようになるが、というのは納得。

以前、脱サラだか定年後だかに始めた風の店で、蕎麦はまじめなのに汁が壊滅的にダメだったのを思い出した。ダメっちゃー「神田の藪」の汁も悲惨だけどねぇ。(アレは傷んでいる、だろ)

蕎麦を生業にする店の者は、この本程度のことは基礎に置いてほしいものだ。

普段「富士そば」(立ち食いチェーン)で済ませる男の言えることではないか(笑)。

 | HOME | 

Calendar

02 | 2007-03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Appendix

結戸 要

結戸 要

趣味:読書、と言いながらここ数年は読書量が落ちていました。知人の読書家に触発されて、ブログに感想を記録していこうと思います。結構節操がないので、ジャンルが飛び回ると思いますが、お目に留まれば幸いです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks