記憶の本棚

・読書感想を中心に映像作品へのコメントなども。

深川恋物語/宇江佐真理

以前読んだ本で「いいな」と思えるものがあって、その作者の名前が独特だったので覚えていました。

ブログはじめるにあたって、ひとつ読み込んでみようか、とまず入手したのがこれ。吉川英治文学新人賞受賞作とのことです。

解説にもあるが、実に風俗描写が上手い。自分の中で、その絵が浮かんできます。

短編集(6本)ということもあり、さほど劇的な展開がある話達ではないのですが、それがかえって味になっているようです。

個人的に好きなのは「下駄屋おけい」で、実に話は

「ここまで直線なのか」

というものですが、その直線さが快いのです

作家で本を読む時は、できるだけ発表順に読みたいと思っています。きっとここからどんどん上手になっていくんだろうなぁ、と期待しています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://booksandnews.dtiblog.com/tb.php/17-bb17573a

 | HOME | 

Calendar

11 | 2018-12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

結戸 要

結戸 要

趣味:読書、と言いながらここ数年は読書量が落ちていました。知人の読書家に触発されて、ブログに感想を記録していこうと思います。結構節操がないので、ジャンルが飛び回ると思いますが、お目に留まれば幸いです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks